生理中でもオナニーしたい!

生理中のオナニーには気を付けろ!

生理中の女性の皆さん。どうしてもオナニーしたくてたまらない…って思う事ありませんか?生理中は心も体もデリケートな状態なのでオナニーをするには注意が必要です。一歩間違うと病気になってしまう可能性だってあるんです。しないのが一番安全なんですが生理中にはホルモンバランスが崩れ不安定になるとイライラしたり、不安になったり気分もどんどん変わります。そういった時にオナニーをすると落ち着いたり、生理痛を緩和させる効果もあるんです。今回はそんな生理中のオナニーについての注意点をご紹介していきます。

2つ目の注意点は中イキ系のオナニーはやめましょう。生理中のオナニーではバイブや手マンなどで膣内を刺激するのはNGです。膣内がかなりデリケートな状態になっているのでばい菌が入ってしまうと炎症を起こしたり、性病に掛かってしまう可能性が高くなります。基本的にはクリトリスを優しく刺激する程度のオナニーが一番良いです。普段から中を弄るオナニーに慣れている方には物足りなく感じるかもしれませんが、オナニーを毎日する方より、3日に1回程度のオナニーをする方の方が感度が良いと言う研究結果が出ています。物足りない程度で我慢する事で生理後のセックスやオナニーはいつも以上に感じる事が出来るんです。

3つ目の注意点はタンポンです。タンポンを膣の中に挿れたままなのに、発作的にオナニーをしてしまい、気づけばタンポンを膣の奥底に押し込んでしまったなんて言う事になってしまうと、産婦人科で恥ずかしい思いをしながら取ってもらわなきゃいけなくなります。なのでタンポンを付けながらのオナニーには気を付けましょう。逆にナプキンの場合はなるべくつけたままの方が良いでしょう。なぜなら1つ目の注意点であるように経血で周囲を汚してしまう心配もありません。ナプキンの上からだと刺激が弱く感じるかもしれませんが、生理中は膣内も敏感になっているのでそれだけでも十分の刺激があるんです。

いかがだったでしょうか。生理中のオナニーに疑問や不安を持っている女性も多いと思います。オナニー中は敏感でデリケートなのであまりオススメはしませんがどうしても我慢出来ない方は気を付けてオナニーを楽しみましょう。

全記事一覧